単身で引越しする場合、料金を抑えて楽する方法

準備すること

赤い家

面倒だな、大変だな、突かれる。
そんな印象がある引っ越しですが、引っ越はある意味整理整頓の一大チャンスです。
普段捨てられなかったもの、また整理しようかなと思って未だに手をつけていないものを一気にまとめて整理できます。
そのポイントはまずは新しい新居に持って行くのを決める際、入るか入らないかで決めましょう。
とりあえず持っていこうという姿勢では結局整理することができません。
そしてここ一年以上一度も手にしていないものはバッサリと処分しましょう。
しかしここでただ単にゴミに出してしまうのは非常にもったいないことになります。
あながた不要だ、価値のないだろうと思っているものでも案外必要としている人や商品価値が高いものがあり、リサイクルショップに持って行くことで予想以上のお小遣いを得ることあります。

引っ越しの時期と言うのは日本の場合、やはり3月末から四月に集中してしまうものです。
いざ仕事での転勤が決まった際、引っ越し業者を探してもどこもいっぱいで見つからないことはよくあることですし、見つかったとしても日程が合わない、料金が高すぎるなどの問題が発生します。
そこで案外役に立つのが宅急便業者です。
衣装ケースや段ボールくらいの大きさであれば宅急便で発送することができ、荷物を小分けにして送ることができます。
また季節によって値段が変動することがなく高額な引っ越し代金を払うよりも割安で済むことがあります。
宅配便の業者の中には荷物を受け取りにきてくれる業者もいますし、また時間してなどがないが、ひとつの荷物がとても安い業者もありますので、電話で確認してみるとよいのではないでしょうか。